初600kmブルベ!【BRM108近畿600km姫路】(後半)

0 Comments


まだ前半を読んでないという方!前半の記事はこちらからどうぞ↓

初600kmブルベ!【BRM108近畿600km姫路】(前半)

ではでは、600kmブルベ後半戦どうぞ~~~

  1. スタート〜PC1(前半)
  2. PC1〜PC2(前半)
  3. PC2〜PC3(前半)
  4. PC3〜ホテル(後半)
  5. ホテル〜PC4(後半)
  6. PC4〜ゴール(後半)

4.PC3〜ホテル

夜のしまなみ海道。本当なら昼とは違った景色を楽しみたいところ。

でも、足は重いしお尻も痛くなってきた。
しかも、ペース次第ではこの後の走行計画も変わってくる。

さらに、追い打ちのように襲ってくる眠気。
よくよく考えたら、金曜の仕事終わりに寝ずに参加してるんだった。

道の駅多々羅しまなみ公園に寄ってベンチで5分ほど横になって休む。

走り出すと、また眠気に襲われる。眠気覚ましにカフェイン錠剤を摂ると多少マシになった。

眠気と戦いながら走っていると…

400kmだ。

…って、時間が24時になってるぅ!

一応、事前にホテルには到着が2時頃になると連絡を入れておいた。ダメだって言われたらどうしようかと思ったけど大丈夫だった。

ホテルまでは約30kmほど。その前に6つ目の通過チェックポイント『鞆の浦 常夜灯』へ立ち寄る。

常夜灯。明かりがついてるのは珍しいらしい。

この辺を走っているときは眠気がピークだった。登りなんてかなりフラフラしてた。

車通りの少ない場所で本当によかった。

ホテルまであと10km…。

なのに…異様に長く感じた10kmだった。

どうにかこうにかホテルに到着。時間は2時を少し過ぎたところ。

ホテルの部屋。ホッと一息…

風呂に入り、出発の準備を整え、仮眠をとった。

5.ホテル〜PC4

目覚めると…5時を回っていた。

え…?

4時過ぎには出発する予定だったはずだ…。慌ててタイムスケジュールをチェックする。

よかった…まだ挽回が可能な時間だ。

ホテルをチェックアウトし、再び走り出す。

道を逸れた場合、その場所まで戻るのがブルベのルール。ルールに則り、ルートへと復帰する。

前を他の参加者の人達が走っている。自分以外の走ってる人を見たことで気持ちに余裕ができた。

次の通過チェックポイントまで一緒に走らせてもらうことになり、最後は前を牽かせてもらった。

7つ目の通過チェックポイント『笠岡市立カブトガニ博物館』。

ここからはまた一人で走り出す。

朝焼けがとても幻想的だった…

朝焼けを横目に海岸沿いを走る。
空が明るくなりホッとしたのか急にお腹が空いてきた。

だが、なかなかコンビニが見つからない。
足が一気に回らなくなる。

ヤバい…エネルギー切れだ。

なんとかコンビニで補給するも足が回復してこない。

なんとか平均15km/h以上をキープできてはいるが…。

とにかく無理せずゆっくりでも進もう。

何度か休憩を挟みつつ前へ進む。ただ…本当に辛い時間だった。
お尻の痛みも増してくるし、右膝と右足首にも痛みを感じ始めた。

少しでも痛みが出ない足の動かし方を探りながら走る。

とにかく力の出そうなものを補給。この後激坂が待っていた。
岡山と兵庫の県境。あともうひと踏ん張りだ。

県境まで戻ってくれば、ゴールまではあと50kmほどだ。
終わりが近いということもあってか、足が回るようになってきた。

赤穂市の市街地付近で他の参加者の一人と一緒に走ることになった。
足の痛みはあるが、ペースが上がってきていたので次のPCまで前を牽く。

PC4の『坂越公民館』に着いた。
時間は13時22分。40分ほど貯金ができていた。

ここで一緒に走った人と少し雑談。すると…

なんとTwitterのフォロワーさんだった!!
そういえば何度かツイートで見たことのあるロードバイクだった…(^_^;)

6.PC4~ゴール

次の通過チェックポイントまでは少し坂がある。
足の痛みで登りは遅くなるから先に出発させてもらった。

しばらくして坂道に差し掛かり、回そうとするとやはり右膝が痛む。
そこでダンシングに切り替えると痛みを感じなかった。

「これならなんとかなるかも!?」

痛みを堪えながらシッティングで回すより、ダンシングのほうがスピードも上がる。
まぁその分疲れるけど…。

最後の通過チェックポイントは『道の駅みつ』。
ただ、車や人が多かったので歩道の脇で撮影を…。

ゴールまでは残り15kmとなった。
ここからは姫路の市街地に入る。車に注意しながら進む。

着いた~~~

特に何事もなく、無事ゴールの『姫路市勤労市民会館』へ。
ゴール受付に向かい、写真等のチェックを受けて…

認定!!

初の600kmメダル

ゴールしたときは本当に嬉しかった!
しんどかったし、大変だったけど…

最後に…

スタッフ・参加者の皆様、お疲れ様でした!

タグ: , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。